MENU

大央採用サイト Daio Recruiting Information

Daio ESTATE BANK

エントリーはこちら

INTERVIEW 先輩インタビュー

建築工事部 主任 若杉憲作(H26年入社)

現在の仕事について教えてください。

大央はこれまでも建物の管理実績において、多くのお客様から高い評価をいただいています。こうした経験を踏まえ、建築工事部では各部署と情報を共有しながら、弊社が管理している物件、テナント商業ビル、住居ビルなど、建物の修繕・設備補修、管理を行っています。

弊社の信条は「お客様のお困りごとをクレームにしない」。住宅系の物件の場合、ご入居者様が安心して暮らせるよう、オーナー様と連携を取りながら、細かな修理対応や大規模な補修対応まで、迅速に対応しています。

また最近は、大型設備の多いテナントビルの補修工事に取り組む機会も増えています。この場合、メンテナンスの仕方ひとつでかかる費用も大きく異なるもの。工務のスペシャリストとして、建物の資産価値を高められるよう、長期スパンで見た最善の保守・改修プランをご提案できるよう努めています。

これまでもっとも嬉しかった仕事のエピソードは?

私が進めた建物の大規模修繕プロジェクトが決定し、これを機に社内に「建築工事部」という新しい部署が誕生したことです。

大規模修繕だけでなく、専任の建築士が常駐する大央なら、デザイン性の要求にも応えられます。建物全体のリニューアルに携わった早良区のNew8西新はその代表的な例。大央初の大規模修繕工事に着手し、完遂した瞬間の達成感は忘れられません。

未来の仲間へメッセージをお願いします。

建築工事部の仕事にはある程度、建築の知識が求められます。そして、建物の「建物管理」という重要な任務もあり、私はこれが今後の不動産事業にとってとても重要な役割を担っていると考えています。優れた「管理力」があれば、建物は長くその価値を保ち続けられる。ですから「建物管理」には建築や設計に関するより深い知識や計画性が求められ、そこに仕事としての醍醐味もあるのです。

建築業界で培った経験や知識を多方面で活かしたい方、技術だけで終わりたくない方には、「建物管理」という分野でその力を発揮していただきたいと思います。もちろん、未経験者の方でもご自分のビジョンがあれば「建物管理」の面白さと難しさを一から教えていく準備はできています。ぜひ面接にチャレンジしてください。

Entryエントリー

採用責任者に、
「採用サイトを見た」とお伝えください。

受付時間:月曜日〜土曜日
(祝日を除く)

※メーラーが立ち上がります。採用責任者宛に、
氏名、年齢、プロフィールを送信ください。